染髪による髪への影響

トランペット

 

日本人といえば黒髪を持って生まれる方がほとんどですが、現代人の多くは髪を茶や金などに染めています。最近は髪を染めることが珍しいことではなくなっていますが、だからと言って人間の体質がそれに順応すると言うわけでもありません。染髪はどうやっても髪に影響を与え、特に成人を向かえる前の頭髪や頭皮に与える影響は大きくなるので、艶髪を長くキープさせたいという方は染髪による髪の影響がどのくらいあるのか知識として覚えておいたほうが良いでしょう。

 
染髪による髪への影響は非常に大きなものとなります。ヘアカラーに含まれる成分は髪に大きなダメージを与え、本来備わっている艶などを大きく減退させます。更に頭皮にまでヘアカラーなどが付いた場合も毛根内のまだ生えてきていない毛がダメージを受けて新しい髪の生え方に影響を与える可能性もあります。なので髪を染める際は極力髪にダメージを与えないとされているスプレータイプやマスカラタイプの色が落ちやすいものを使うようにして、染める期間も月に1回など長いスパンを置くようにしてください。また子どものうちから髪を染めてしまうと刺激が強すぎて頭皮に深刻なダメージを与えてしまう可能性が非常に高く、最悪の場合皮膚病などにかかる可能性もあるので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。